読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刑務所

鳥獣戯画ジャクソンのブログです

バーガーの新商品と鉄矢

短編
武田がハンバーガーショップに入店しました。
武田は名前を募集しているハンバーガーを指差して言いました。
 
武「これ、俺にそっくりじゃないか?いつ俺にそっくりなバーガー出していいって言ったんだよ?」
店「い、いえ…お客様と商品は似ていないかと…」
武「いいから責任者を呼んでこい!この店で一番偉いやつだ!」
 
責任者がやってきました。店では一番偉い人です。
 
責「お客様いかがなされましたか?」
武「いかがもどうもない!見てくれよこのバーガー!俺じゃないか!!」
責「こちらの新商品が、お客様ですね?」
武「お前、少しは話が通じるみたいだな、さっきのヘボと違って」
責「商品名がお客様のお名前に似ているということでしょうか?」
武「そこもそうだけど、全部なの全部!名前もパンも肉もトッピングも全部俺なんだ!!偶然にしては似すぎているだろ、なあ!?」
責「少々お時間頂いてもよろしいでしょうか?」
 
責任者は胸ポケットから携帯を取り出し、どこかに電話するようです。
 
武「待て、どこに電話をする?」
責「本社の人間です」
武「ここから本社までどれくらいだ?」
責「車で30分です」
武「俺が直接行く、新商品がそっちに行くと伝えておいてくれ」
責「わかりました。あの、北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに…」
 
武田は急いで本社に向かいました。
車で30分でしたが、鉄矢は自転車で8時間掛かりました。
 
午前10時、本社では会議が行われていました。
 
社員「いやー、今日はいい天気ですねー」
部長「なんだ貴様?非常にいい天気と言え」
社「すみません部長、非常にいい天気です」
部「どこがいい天気だバカ!大雨だろ!お前はクビだ!さっさと出ていけ!嘘だ、晴れだ!愛してる、今すぐ俺に飛び込んでこい!」
 
外は雲ひとつない晴れで社員と部長に愛が芽生えました。
ドアが勢いよく開き、武田が入ってきました。
 
武「あんたらがここのトップか?」
部「誰だ貴様!あんた、人が愛し合ってるときに非常識だぞ!」
 
究極の戦いが始まりました。
 
カサノヴァ「私がトップですが…」
 
社長のいる会議室で愛しあう人がいたようです。
 
武「このハンバーガーを見てくれよ!おたくの商品が俺にそっくりなんだよ!」
カ「名前が似ているということか?」
武「違う!全部だ!ああケツが痛い!ここに来るまで自転車で8時間だ!見ろ、俺のケツが真っ赤じゃないか!」
 
武田はズボンを下ろし真っ赤に腫れ上がった臀部を見せました。
それを見たカサノヴァは青ざめた表情をしました。
 
武「よく見やがれ!このハンバーガーと俺、どこが似てないって言えるんだ!?」
カ「…わかりました、全てを話しましょう」
部「あぁん!!あああん!!」
 
カサノヴァは新商品のアイデアは武田が自転車を8時間漕いで真っ赤になった臀部を川で冷やしているところを見て思いついたことを話しました。
 
武「…あんた、俺じゃなくてこのケツから思いついたのか!」
カ「バレなければずっと黙っているつもりだった」
武「このバーガーを見たとき、俺のケツに痛みが蘇ったんだ。だからわかったんだ、これは俺自身だと…」
部「ああっ…んっ…」
カ「この商品は明日から全店舗に取り扱わないように連絡します」
武「いい、いいんだ。認めてくれればそれでいい、俺は知りたかっただけなんだ。捨てちまうなんてもったいない」
カ「…感謝します」
 
堅物や機械の心とまで呼ばれていた女社長の目からは一筋の涙が流れていました。
 
武「え~~人というのは~~~」
 
つまらないのが始まりました。
 
 
 
このあと、新商品はそのまま販売され、順調に売り上げヒット商品となりました。
ヒット商品になったとき、CMキャラにはもちろん武田が選ばれました。
 
 ーCMの様子ー
武「このバーガーどこかで見たことあるなー。そうだ、これは!」
 
武田はケツを出しましたが、このCMのために自転車を一日中漕いだので真っ青になっていました。
 
武「俺のケツじゃないか!」
 
違うので全国のショップは潰れました。